2018年11月11日

フォーカル・ジストニア事情(その6)

残念ながら、私のフォーカル・ジストニアは悪い方向に進行していることを認めざるを得ません。以前はa指につられてm指が曲がるのが主な症状でしたが、最近はそれだけでなく、m指につられてi指が曲がるようになってきました。

原因はやはり弾きすぎのせいではないか、特に、黄瀬川ギターコンサートに向けた練習で動かない指を無理やり動かしたりしたのが悪かったのでは無いかと考えています。それで、しばらくギターを弾くことを休もうと思っているのですが、これについては最後に書きます。

その前に、フォーカル・ジストニアの対策としてこれまでやってきたことを書いておきます。これらによって症状が改善した人がいるという事項も含まれますが、必ずしも私に効果があったということではないのでご注意ください。

■毎日の練習
楽譜を掲載しておきます。ネットで見つけた、どこか外国の方が弾いていたものを元にして、あちこちのテキストの情報を混ぜて、自分流に作り変えたものです。

http://www.prelude.sakura.ne.jp/guitar/dystonia.pdf

ご覧のとおりアルペジオの練習です。imaがいろんな順序で出てくるようになっていて、12パターンあります。それだけでなくpとの組み合わせでimaの動きやすさが違うような気がしたので、pもいろんなタイミングで出てきます。

これを、確実に弾ける速さから始めて、徐々にスピードを上げていこうという魂胆でした。

実際にやったのは、
・16分音符をメトロノームで48に合わせるところから始める
・毎日12パターンすべてを弾く(順序は日によって入れ替える)
・1週間たったらメトロノームを1だけ上げる(48→49→50・・・)
という要領で、3年前(2015年)の秋からおよそ1年間続けました。

1年後にはメトロノームが100くらいになったわけですが、目論見は見事に外れてしまいました。特にパターン2やパターン7あたりが徐々に弾けなくなり、それでもメトロノームに合わせるために、強引に曲がったままの指で弦を引っ掛けながら弾き続けるという無茶を続けてしまいました。こんなことも悪化の一因かもしれません。

まあ、どういうパターンが動きにくいかを見極めるためならば、使える楽譜かもしれません。


■アンドーヴァー
直接的にフォーカル・ジストニアがよくなることを期待して行ったわけではありませんが、ここで教わった「筋感覚(自己受容感覚)」というものが役立っています。「筋感覚」とは、大雑把に言えば、体の各部位の状態がどうなっているかをセンスする能力です。

この概念を知ったことで、自分は日頃から腕に力が入っていることが多いと認識するようになりました。だからと言って、うまく力を抜くことはなかなかできないんですが。

なお、「アレクサンダー・テクニーク」でフォーカル・ジストニアの症状が改善したという例はあるようです。


■鍼灸マッサージ
文献等に鍼灸でフォーカル・ジストニアがよくなったという例がありますが、私には効果がなかったようです。もっとも、最初に最低でも半年はかかると言われたところ、仕事の都合などで定期的な通院が難しくなって、5ヶ月で10回ほどしか行けなかったんですが。

ここでは「筋肉が硬くて、しなやかさがない」というようなコメントをもらいました。やはり普段から無駄な力が入っているんでしょうかねえ。


■医療機関
病院は2カ所に行きました。ふたつとも診療科が20以上ある総合病院です。

いろんな検査を受けて、結局はフォーカル・ジストニアだろうとの診断がなされたのは以前書いたとおりです。

文献にあるような説明を受け、文献と同様に有効な治療法はないと言われています。「アーテン錠」を処方されましたが、効果があるようには感じられず、一方で副作用が不快だったのでやめています。


■今後について
今はふたつのことを考えています。

ひとつは、もう一ヶ所だけ医療機関を訪ねること。東京に「音楽家外来」の看板を掲げているところがあるので、そこに行ってみようと思っています。「音楽家」というのがなんとも面映いですけど。

もうひとつは、最初に書いたようにギター演奏をしばらく休むことです。どんなに気楽な集まりでも、人前で演奏するとなるとそれなりの練習は必要なわけで、そのためいったん楽器を手にすると何とかしてちょっとでもまともな演奏になるように無理をしてしまう、というのがこれまでのパターンでした。

なので、ギターを手にする必要が無いように、演奏機会を作らないことにしました。具体的には「黄瀬川ギターコンサート」と「黄瀬川ギターサロン」を終了します。楽器を担いで県内外に遠征することも止めにします。これらについては、これまで多くの皆さんにあれやこれやと大変お世話になりました。ありがとうございました。

休止期間がどれくらいになるか見当がつきません。まず1年間は休んで、その時の様子でさらに延長もありうると考えています。

ま、楽しみは音楽だけではないし、音楽の楽しみもギターだけではないし、ギターの楽しみも弾くことだけではないので、退屈するという心配はしていません。

IMG_1262.jpg

posted by あ次郎 at 23:59| Comment(4) | フォーカル・ジストニア事情

2018年11月09日

芸術の秋ですねえ

先日はマンドリンの竹間久枝さんの素晴らしい演奏を聴きましたが、今月は他にも2つのギターコンサートを聴く予定があります。

ひとつは小暮浩史さんの沼津でのコンサートです。東京国際ギターコンクールの優勝記念全国ツアーの一環ですが、11月16日の沼津が皮切りなんですね。

小暮さんの演奏、CDや先日のFM放送などでは聴いていますが、実は生演奏はコンクールでの演奏くらいしか聴いたことがなくて、まとまって聴くのは初めてです。

http://www.guitarists.or.jp/event5.html

もうひとつは益田展行(ますだのりゆき)さんのB→C。東京オペラシティの人気企画ですね。

8776-2.png

「B」はもちろんバッハのことですが、今ギターでバッハと言ったらこの人を抜きには語れません。以前聴いた近江楽堂でのリサイタルは、その清々しい演奏に、かつてのセルシェルを思い出してしまいましたが、美しい音とテクニックはセルシェルを超えていました。

そして「C」はコンテンポラリ。今回のリサイタルでは武満やブローウェルも弾かれますが、私の期待はブリテンのノクターナルです。

いやあ、どっちも楽しみだなあ。
posted by あ次郎 at 23:32| Comment(0) | 音楽・ギター

2018年11月05日

弦楽器フェア

昨日のことになりますが、数年ぶりに弦楽器フェアに行ってきたので、メモを書いておきます。

まず、フィッティングルームで行われたマンドリンの竹間久枝さんによる出展楽器の試奏コンサートが素晴らしかった。

強弱やテンポや音色を巧みに変化させて、伴奏者に「ちゃんと付いて来なさいよ」と言わんばかりの挑発ぶりで、だけどギター伴奏は益田正洋先生なのでそこは余裕で対応して、試奏というレベルではなく、タダで聴いているのが申し訳ないくらいのハイレベルのコンサートでした。

次いで地下のホールで、熊谷俊之さんによるギターの試奏コンサート。こちらは端正な演奏を楽しめました。特に19世紀ギターで弾かれたソルの練習曲、中でも変ロ長調のやつ(セゴビアの19番)を聴けたのが嬉しかった。

私も展示楽器のいくつかを弾かせてもらいました。世界的に名の通った作者の楽器は、さすがに音量も音色も弾きやすさの点でも、高いレベルでバランスが取れているなあと感じましたが、個人的に一番気に入ったのは江崎秀行さんの杉の楽器でした。

クロサワのブースでは、スモールマンとレッドゲートも弾かせてもらいました。で、爆音のことはさておき、スモールマンのサドルが独特で、だけどどこかで見たような形。

スモールマン
某ブログ

ね。

スモールマンはいつからこんな形なんでしょうねえ。特許をとっておけばよかったですかねえ。挨拶代わりに楽器を1台送ってこないかなあ。

帰りは皇居東御苑を通って東京駅まで歩きました。
eastpark.jpg

posted by あ次郎 at 23:46| Comment(0) | 音楽・ギター

2018年10月27日

西澤先生

西澤潤一先生が亡くなられたんですね。

学生時代に西澤先生が担当される科目を取っていたのですが、いつも助教授の先生が来られていて、西澤先生ご自身による講義は1年間に1回か2回しかありませんでした。その時の講義では、自分が開発した半導体がなければ新幹線は走らないのだ、というようなことをおっしゃられていた記憶があります。もちろん教科書の内容などはそっちのけで。

西澤先生には、20年以上前からノーベル賞が授与されるべきという声がありましたが、一方で、ノーベル賞は基礎科学重視のため「工学者」の受賞はないだろうとの見方もありました。しかし、光ファイバによる情報通信の開発者が受賞した2009年に、半導体レーザー、光ファイバ、フォトダイオードという光通信の3要素すべての開発に貢献した西澤先生のお名前がなかったのは不可解なことでした。

ご冥福をお祈りいたします。

SW.jpg
写真と本文は関係ありません。
posted by あ次郎 at 18:09| Comment(0) | ヒト

2018年10月20日

五竜の滝

黄瀬川は、我が裾野市を東西に二分するように北から南に流れています。

普段は穏やか清流ですが、大雨のあとなどは茶色く濁った水が渦を巻いて流れます。なので、本来は「黄勢川」と書いたのではないかと思ったりするのですが、古文書に「木瀬川」という表記も見えたりするので、確かなことは分かりません。

kisegawa.jpg

この黄瀬川を沼津市/長泉町のあたりまで下ると「鮎壺の滝」というのが有名なのですが、裾野市を流れる部分にも滝があって、その代表が「五竜の滝」です。
上の写真の奥の方に写っている、あれがそうです。

近づいてみるとそれなりに迫力があります。

fall1.jpg

主な流れは3本あって、それ故、「五竜の滝」ではなくて「三流の滝」なのではないかと密かに思っていたのですが、どうもあと2本あるらしい。

fall2.jpg

ということで、よく見たら確かにありました。
動画でどうぞ。


これでもう誰にも三流とは言わせません。ま、私が言ってただけなんですけどね。

(おまけ)
裾野市の特産品にモロヘイヤや芝生があります。今日はたまたま芝生の刈り取り(っていうか、剥ぎ取り)の場面に遭遇しました。
grass.jpg
posted by あ次郎 at 20:45| Comment(0) | 雑/全般

2018年10月13日

ポータブル電源

最近、各地で大規模停電が発生しています。困りますねえ。

懐中電灯くらいは我が家にもあるのですが、それでは何が原因で復旧の見通しがどうなっているのか知ることができません。そこで登場するのがスマホな訳ですが、これもバッテリーが切れたらお手上げです。

で、ポータブル電源を買いました。

power.jpg

中型の辞書くらいの大きさで、USB端子からの直流5ボルトと、通常のコンセントから交流110ボルト(公称)が出力されます。

今日はこの電源がどれくらいの時間使えるか試してみました。動かす相手は32インチの液晶テレビ。これで衛星放送を見続けました。

結果、フル充電状態から使い始めて、3時間20分で断となりました。

バッテリーの容量は、仕様では145WH。これに対してテレビは67Wというのがカタログ値なので、計算上は2時間ちょっとの持続時間のはずでしたが、電源容量が大きいのか、テレビの消費電力が小さいのか、その両方なのか、ともかく期待以上の大健闘でした。

これで、LED照明ならば一晩中つけてられるし、スマホなんかいくらでも充電できます。なお、空っぽの状態からフル充電まで、付属のACアダプタで6時間くらいで完了します。

停電、ドンと来い。
posted by あ次郎 at 19:57| Comment(0) | モノ

2018年10月06日

現代ギター誌バックナンバー

まとまった数の「現代ギター」誌のバックナンバーを、欲しい人に譲りたいという方がいらっしゃいます。

リストをもらっていますので掲載します。
ちょっと見にくいですが、もらったままの画像へのリンクも貼っておきます。

GGList1.jpg
リスト1(大きな画像)

GGList2.jpg
リスト2(大きな画像)

創刊号から400冊近く、これまでに発刊されたうちの半分以上はあるようですね。
ご興味をお持ちの方は、下記に直接ご連絡ください。

acercatemas3030@gmail.com
古屋さん

なお、私(加納)は、本件譲渡に関する価格交渉や引き渡し、その他すべての手続きには一切関わらないことを申し添えておきます。

---
現代ギター社からはバックナンバーの楽譜の索引が提供されていますので、欲しい楽譜がどの号に掲載されているか、簡単に調べることができます。

https://www.gendaiguitar.com/blog/2017/1225_000463.html

また、創刊50周年記念号だった2017年4月号には、楽譜だけでなくそれまでに発刊されたすべての号の特集や解説記事の連載などの総合索引が載っています。これの電子版を購入すればパソコンを使ってキーワード検索ができます。これはとても便利で、大量のバックナンバーが有用な資料となります。

posted by あ次郎 at 20:03| Comment(0) | 音楽・ギター

2018年09月29日

さらばトリニトロン

以前このブログに書いたことのあるブラウン管式テレビをついに廃棄することにしました。

なかなか画像が出てこなくなりました。早いと電源投入から1分くらいで絵が出ることもあるのですが、長い時は10分以上も待たされます。このテレビの主要な用途に毎朝の出勤前の天気と時刻のチェックがあるので、この症状はチト痛い。

ブラウン管自体は健在でした。一旦画像が出ればこれまでどおり左右の切れた画面を安定して表示し続けます。

なので、おかしくなったのはブラウン管ではなくて、制御回路のどこかのようです。一応、修理の常道として左右をひっぱたいてみましたがダメでした。後ろカバーを外して内部に溜まったホコリを掃除機で吸い出してもみましたがダメでした。

まあこういう終わり方もあるか、十分に元は取ったし、とは思うものの、待てば映るという壊れ方は廃棄のふんぎりがつけにくいですね。それに廃棄するにもお金がかかるんですよねえ。

ともあれ、安価で薄くて軽くて綺麗で電気を食わない液晶テレビが届きましたので、古いテレビは近いうちに廃棄業者さんに持ち込もうと思っています。28年の寿命でした。
Trinitron.jpg
posted by あ次郎 at 16:39| Comment(0) | モノ

2018年08月26日

水原で

先週末、親戚に不幸があって故郷の新潟に行ってきました。
今は阿賀野市というところですが、市町村合併される前、私が住んでいた当時は「水原町(すいばらまち)」といいました。

時間があったので、少し散歩してきました。

suibara1.jpg

suibara2.jpg
名刹無為信寺。子供の頃は巨大な伽藍のあるお寺と思っていましたが、記憶ほど大きくはありませんでした。

suibara3.jpg
無為信寺の前にはかつての豪農の米倉が残っています。かつては古ぼけて気持ち悪いと思っていましたが、こうしてみるとなまこ壁が綺麗ですね。

そして、私の原風景である水田。
小学生の頃までは実家のすぐ裏にも田んぼが広がっていましたが、いまはずいぶん家が建ち並びました。

suibara4.jpg
中央に見えるのは五頭山(ごずさん)。その名のとおり五つの頂があります。初めて登ったのが小学校の遠足で、最後が高校1年の時、たしか富士登山の前の足慣らしでした。

suibara5.jpg
たくさんの穂がついていますね。今年は平年並み以上の収穫予想が出ているようです。

posted by あ次郎 at 14:49| Comment(0) | 日記

2018年08月12日

リニア試乗

Twitterやfacebookでは既報ですが、先日、山梨県にあるリニア実験線で未来の超高速列車に試乗してきました。鉄道オタクの娘が何度か応募した末に当選したので、お供させていただいた次第です。

都留市にある「山梨県立リニア見学センター」の近くにJR東海の「駅」があります。駅前には記念撮影用のパネルがあって、係のお姉さんが写真を撮ってくれます(が、私は遠慮しました)。
kanban.jpg

panel.jpg

駅舎に入る際に手荷物検査があります。カバンの中を点検され、ペットボトルの飲料は一口飲むように指示され、金属製品をポケットから出して、検査ゲートをくぐり抜けました。

発券機に予約コードを打ち込むとチケットが出てきます。名前入りでした。ちなみに1区画2座席の料金は4320円。事前の払込みが必要です(後日、娘から請求されました)。
ticket.jpg

乗車前に講堂のようなところで乗車時の注意や説明を受けます。150人ほどの乗客は、夏休みだったこともあって子供連れの家族も多かったですが、若いカップルや、熟年夫婦と思しき人たちもかなり目立ちました。

さて乗車です。列車は5両編成で、そのうち先頭と最後尾を除く3両が客車です。なんか飛行機に搭乗するときみたいです。
board.jpg

車内は、色使いや雰囲気が東海道新幹線によく似ていますが、両側2席と幅が狭く、また天井が低く感じられました。前後の座席間隔もちょっと狭く、窓は飛行機並みに小さかったです。
cabin.jpg

window.jpg

実験線の長さはフルマラソンの距離と同じくらい。駅は実験線の中ほどからやや東京寄りにあって、最初に東京方面の端まで行きます(最高速度は新幹線と同じ320km/h)。その後、名古屋方面に走行して(最高500km/h)、反転して再び東京方面に進み(最高500km/h)、最後に出発点に戻ってくる(ゆっくり)、だいたい一往復するコースです。
route.jpg

列車はあっさり、静かに動き出しました。方向転換もあっという間。止まったと思ったら、次の瞬間には反対向きに動き出しています。

150km/hを超えたあたりで浮上走行となりました。車輪走行時も特に走行音は気になりませんでしたが、浮上した瞬間がはっきり分かるほどに走行音が小さくなりました。逆に減速して車輪走行に移るときは、一気に振動と騒音が増す感じです。大げさにいえば、飛行機が着陸する瞬間に似ています。
動画:車輪走行→浮上走行

加速感は、と言うと、それほど感じませんでした。飛行機が離陸するくらいに座席に押し付けられるのだろうかと想像していましたが、そんなことはありませんでした。座席は名古屋方面を向いていましたが(ずっと同じ方向。座席が回転するかどうかは確認できませんでした。)、東京方面に進むときも加速度で前に転がり落ちることはありませんでした。シートベルトがないけど大丈夫だろうか、という心配も無用でした。

ただ、軽い加速感がいつまでも続く。300km/hを超えても、400km/hを超えても手を緩めず、『オイオイこのまま一気にいっちゃうの?』という、グングン加速するさまが感動的でした。
動画:時速500kmに到達
ほぼ全線のビデオはこちら(8分43秒/約400MB)。

振動は、ないわけではありません。東海道新幹線が直線部分を走っているときと同じくらいですかねえ。興味深かったのは、300km/hでも500km/hでも揺れの程度が同じくらいだったことです。線路のつなぎ目ならぬ「磁石のつなぎ目」に由来する振動ではなくて、空気抵抗によるものによるのかなあ、などと思いながら乗っておりました。そういえば走行路の90%くらいはトンネルですから、空気をどう逃がすかは大きな課題だったでしょうね。

ついでにいえば、たまにトンネルから抜け出してもすぐに次のトンネルに入るので、景色を楽しむ余裕はありませんでした。傍から見るとこれくらい速いんです。
動画:傍で見ていると
5両編成、全長130mの列車がちょうど1秒で通過。

乗ったのはL0(エル・ゼロ)系といって、営業仕様の第一世代の車両とのことです。そのとおり、全般的な乗車感としては、このまま営業できるレベルだと思いました。

今は秋の試乗会の受付中です。先着順ではなくて抽選なので今から応募してOKです。皆さんも是非ご試乗を。
posted by あ次郎 at 13:02| Comment(0) | 日記